Want to Buy
買いたい方へ
SUPPORT

buy_support1

buy_support2

buy_support3

MERIT

中古住宅リノベーションの5つの魅力

01

お得に理想の暮らしが手に入る

新築物件を購入する場合、モデルハウスのコストや現地で案内してくれるスタッフの人件費、広告宣伝費など、販売に必要となる諸費用が販売価格に加算されているのが一般的です。

一方、中古物件の場合ではそれらの費用はかからないので、土地と建物価格のみが販売価格になります。建物の評価額は新築時を頂点に年々下落します。「新築」か否かは、販売価格に大きく影響します。

中古住宅購入して、リフォームリノベーションを行えば、お得な価格で快適な暮らしを手に入れることが可能です。

merit1
02

ライフスタイルに合わせた自由な設計

「間仕切りのない広々としたリビングが欲しい」

「1階を中心にした住まいづくりを考えたい」

とお考えであれば、中古住宅を活用したリノベーションがオススメです。デザインや間取りにこだわり、世界にひとつ、あなただけの住まいがお得な価格で手に入ります。

在来工法の中古物件なら間取りの大規模なリノベーションにも柔軟に対応できます。

 

持続可能な社会の実現へ! リノベーションが支持されています

空き家となった中古住宅リノベーションして再利用し「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に貢献することが期待されています。中古住宅リノベーションは新築に比べてCo2や産業廃棄物の排出量、木材の使用量が圧倒的に少なく、地球環境に優しい事業です。

不動産 (9)

リノベーション事例 ーポイントー

・浴室を拡張 家族でゆっくりくつろげます

・洗面室を拡張 洗面

・洗濯機に加え収納も配置して便利に

・キッチンを対面カウンターに家事をしながら子供たちがいるリビングを見渡せ安心です

・DKと和室をひと間のLDKに ゆったり広々快適に

・全てフローリングフロア バリアフリーに

・キッチン・洗面・浴室・洗濯干しまで動線をスムーズに

・収納スペースを約2倍に お部屋をスッキリできます

・内窓設置で断熱性能UP

・昔ながらの押入れを使いやすいクローゼットタイプに変更

不動産 (11)

国も既存住宅流通活性化への取り組みを支援しています

中古住宅に利用可能!

知っておくべき住宅関連支援制度

すまい給付金  最大50万円

住宅ローン控除 13年間住宅ローン残高1%控除

長期優良住宅リフォーム推進事業 100-300万円/戸

不動産取得税軽減措置

登録免許税軽減措置

merit4

03

住みたいエリアに豊富な物件

利用する駅や駅までの距離、周辺環境は、土地の資産価値(評価価格)に大きく影響することになります。立地を優先して考えた場合、新築住宅(マンションや戸建て)に限定して探すより、中古物件を選択肢に入れれば、希望エリアでの物件の幅がかなり広がり、条件のよい物件に巡り合える確率が高まります。

merit6
04

事前に確認できる

◎経年変化が見える

中古住宅では、建物の「経年変化」を確認することができます。

◎建物の状態を見極められる

新築がピカピカなのは当たり前ですが、建物の作られ方によっては、その後の傷みが激しくなることがありますので、ある程度の時間が経過した建物の状態をしっかり見極めたうえで購入できるのは利点です。

◎周辺環境や住人・管理の様子を確認できる

周辺環境が既に完成しているため、購入前に自分の目で長所や短所を理解してお決めいただけます。

また周辺環境や暮らす人たちの様子も見られますし、マンションでは、共用部の使われ方などから管理の状態を確認したうえで購入できることも中古ならではのメリットといえます。

不動産 (5)
05

ライフスタイルに合わせた住み替え

良い家を買うことも大事ですが、良いライフプラン豊かな人生を歩むことがもっと大切だと考えます! 住み替えがしやすいのも魅力です。

マイホームは、ずっと同じ場所とは限りませんよね。

仕事の事情や家族構成の変化など、住み替えのタイミングが来るかもしれません。

新築を買って売却する場合と、中古を買って売却する場合では、後者の方が値下がり率は低いです。

また資産性の高い立地を選択し、建物のメンテナンスをしっかり行えばリセールバリューの高い家になります。

ライフスタイルに合わせ最適な環境に住み替える豊かな人生の一歩を「お得な価格で」「理想の暮らしを」「住みたい場所で」叶えるお手伝いをさせていただきます。

不動産 (35)

中古住宅購入で気を付けるべきポイント 

ここだけは要注意です‼

建物調査

買主様が中古住宅に持つ不安の中でもっとも多いのが「建物への不安」です。新築が必ずしも安全というわけではありませんが、それでも新築は中古に比較すると建物 についての不安が少ないと考える人が多いようです。

中古建物を購入前にしっかりと調査することで問題を明らかにすることが非常に重要です。

それが「インスペクション」という建物診断制度です。

このインスペクションを行うことで、耐震性、建物の損傷具合を明らかにし、購入後にどの部分を修理したりリフォームしたりすれば良いのか?という判断が可能となり、購入後の不安の一つである「リフォームにいくらかかるかわからない」という問題が解決します。

私たちは全てインスペクションを行い、安全を担保できる物件をご提案します。

さらに私たちの販売物件は、保険制度を活用することによって、物件に見つかった隠れた欠陥等が見つかった場合の補修等について、その責任を保険で補うことがます。

不動産
BUYERS AGENT

買主様に寄り添った信頼できるパートナー

buy_image1

不動産取引では、1社の不動産会社が、売主さま・買主さまの両方を担当する「両手仲介」が数多く行われています。 買主さまは「安く買いたい!」、売主さまは「高く売りたい!」それぞれの事情があり、「売る人の利益」と「買う人の利益」は、相反する場合があります。

不動産会社の「売りたい物件」がお客さまにとって、価値(利益)のある物件とは限りません。

不動産購入は場合によっては一生で最高額の買い物になるかもしれません。そんな高額な買い物でありながら高いリスクが伴い、万が一失敗してもなかなか買い直すことができません。

そんなリスクの高い不動産購入には専門知識を有した購入者側の味方が必要です。

特に中古住宅の場合は新築の取引に比べ建物性能を考慮しなければならない分、検討材料が増えます。

buy_image2

わたしたちは、自社で中古住宅購入リフォームリノベーション、販売の事業で様々な体験をしてきました。わたし自身は失敗した苦い体験もあります。

わたしたちは、こうした体験を基に買主さまに徹底的に寄り添ったサービスをご提供します。

「買主さまの利益」を最優先し、不動産購入を成功に導くことをコミットします。

buy_icon1

”物件購入前の建物調査”

躯体の歪みや雨漏れ

ひび割れ、耐震、

老朽化チェック

buy_icon2

住宅ローンご提案”

いくら借りれる??

いくら借りるのが最適??

プロが一緒になって

家計の見直しからご提案

buy_icon3

”情報精査”

・ハザードマップ・エリア情報

・古今マップ・メリット情報

・デメリット情報・両方のご提供

buy_icon4

”適性な価格か

データで検証”

紹介物件エリアの

過去5年をベースにした

成約事例のご提供

buy_icon5

”安心の保証”

 

既存住宅売買瑕疵保険

リフォーム瑕疵保険

白蟻保証他設備

buy_icon6

リノベーションプラン

の具現化ご提案”

お客様のリノベーション

イメージに合うプランになるか

見える化してご提案

buy_image

住み替えを「もっと自由に」「もっと手軽に」失敗しないマイホーム購入

購入前に知っておきたい3つのポイント‼

ライフスタイルや環境の変化を想定した出口戦略を持つ

「もしこうなったら」を想定しておく

立地や建物の調査

自然災害のリスク、土地や建物診断しっかり調査が肝心

ライフプランシュミレーションで余裕のある返済計画を

お子さんの出産、教育、車の買い替えや親の介護など想定される支出を見える化し余裕のある返済プランを

merit5